福岡県の永代供養・納骨堂・樹木葬を探すなら【福岡の永代供養.com】

樹木葬とは

  • HOME »
  • 樹木葬とは

従来の墓石に代って、樹木や小さな石碑を墓標とするお墓を、樹木葬と呼んでいます。

とはいえ、樹木葬が誕生してからの歴史はまだ浅く、その形式も年月が経つにつれ、様々なものが生まれてきました。

基本的に宗教不問が多く、管理も施設側(管理者側)で行うケースが多いため、跡継ぎが不要な場合がほとんどです。

一般のお墓と比べると、求めやすい費用の場合が多く、近年、需要が増えています。

樹木葬の種類

共同で、1つの場所に一緒に納骨される、合祀型の樹木葬と、小さなガーデンのような区画に、各小さな碑(お墓)を設置する、個別型の2種類があります。

合祀型は、1本のシンボルとなる木が有り、その直下に、集合で納骨するタイプなどがあります。

個別型は、一般的なお墓が少し小さくなったものから、表札程度の大きさの小さい石碑のものまで、様々な選択肢が出てきています。

また、使用されている樹木は、桜や紅葉など様々です。バラなど、花が咲く植物を使用している場合もあります。

 

埋葬方法について

埋葬方法は、遺骨をそのまま土に埋葬する場合や、布などに包み自然に還りやすい方法で土に埋葬する場合もあります。
また、ある一定期間お骨壷で埋葬し、その後、お骨壷から出して合葬する場合もあります。埋葬方法は、施設によって様々です。

 

宗教について

寺院墓地以外の樹木葬は、宗教不問がほとんどで、どのような宗旨・宗派の方でもお求めすることができます。
霊園や寺院など、管理者の形態もさまざまあります。

 

▼ 種類から探す

▼ 地域から探す(樹木葬)

 

PAGETOP